一蓮托生。

日々のことや音楽のこととか。割とどうでもいい事に触れます。

結婚って

西川史子先生の離婚報道について、ブログやブクマコメントで

"結婚には正解というものがなく、西川先生には『結婚とはこうあるべきもの』という自分の中で正解を持っていた人だったからだめだったのではないか"

だとか、

"結婚って誰でも失敗する起業みたいなもの"
"結婚について過去の著名人も沢山の名言を残しているけどどれも悲観的だ"

というのを読んでなるほどなと思いました。
というのも私が今抱えてしまっている辛さについてもその"こうあるべき"というものを少なからず抱いてしまっているが為に問題が起きているように思いました。
それによって相手にも自分にも何かを押し付けてしまうしそれでうまくいくはずがないのです。"そんな事もあるだろう"というスタンスでないと円滑にはいかないのだなと改めて気づかされました。

なぜ結婚したのか?
それは好きだから、ペースが合って楽だったから、この人と一緒なら不幸になってもいいと思ったから、きっとみんなそんな所じゃないかな。

付き合っていた頃と家族になってからでは違う事もたくさんあります。環境も変わるでしょうからそれに応じた問題や出てきたりします。
でもそれって独身の時には分かるはずもないんですよね実際。
私も独身の時はそうではなかったのに…という事がたくさんありました。
でもそういう所もある程度までは"そういう事もあるんだろう"で受け入れていかなきゃいけないんですよね。

うーん、耳が痛い!


それでまぁ…最近の悩み書こうと思ったけどアレなんでまたいつか思い出した時にでも。


式の前日 (フラワーコミックス)

式の前日 (フラワーコミックス)